突然の事態に慌てず対応するために・・・
もしもの時を迎えた事を考えて、事前に備えておきましょう

もしもの時に備えて

もしもの時のために備えておくこと
  • 【1. 喪主・施主の決定】
  • 家族で相談しておきましょう
  • 【2. 葬儀形態の相談】
  • 仏式・キリスト教・神式・無宗教
  • 【3. 宗教者を決めておきましょう】
  • 菩提寺等の連絡先。 判らない場合は、葬儀社に相談してください。
  • 【4. 写真】
  • 遺影写真を作ります。 本人らしい写真を家族で相談しておきましょう。
  • 【5. お知らせする方々】
  • 御遺族・御親戚・勤務先・御友人等。 連絡先等、当人との関係等を把握しておくと便利でしょう。
もし危篤を告げられたら
  • 【連絡役を決める】
  • 家族の中でも一人一人性格が違うものです。悲しみの深さは、測ることが出来ませんが、誰かが連絡役をしなければ、なりません。配偶者や子供さんは、できるだけそばにいさせて上げて下さい。身内の近しい者が連絡をとります。
    また複数の人に連絡をとる場合どこに連絡をしたか、またどんな連絡事項をしたか混乱しがちです。しっかりメモを持って電話をしましょう
  • 【誰に電話をするのか?】
  • 連絡をとるのは、三親等(おじ・おば)までと言いますが、あくまでも目安です。
    親子・兄弟が仲たがいしていても、その人たちにも必ず知らせましょう。
    そのほか、最期に会わせたいと思う人が居たら連絡をわすれないように。
  • 【電話で伝える内容】
  • 電話をするのは、(真夜中でもかまいません)一刻を争う連絡です。
    ただ一応礼儀として『このような時間に申し訳ありません』と添えて下さい。
  • ポイント
    (1) 続き柄と名前を名乗る
    (2) だれが危篤になったか
    (3) 病院名・病室・場所と交通手段(電話番号)
    (4) 病院は、携帯電話が使えないのでテレホンカードも一応持っていた方が良いでしょう。
         アドレス帳も忘れずに。
  • 以上 ただ実際にこんなことまで考えている人は、いないと思います。昔から『親の死に目に会えない』という事がないようにしたいと思います。ただあくまでもケースバイケース。最善の方法を自分たち家族で考えましょう。
もしもの時
  • 【病院でお亡くなりになられた場合】
  • 葬儀社への連絡 (24時間)
  • (1) 故人名・病院名・御電話を頂いた方の
         お名前・連絡先・搬送先(自宅・当社等)。
  • (2) 病院に置いてある荷物の整理し持ち帰る準備をする。
  • (3) 死亡診断書を頂き、内容の確認をしてください。
  • (4) 看護師さん等の指示に従い、待合所(霊安室)等で、
         迎えの車が来るまでお待ち下さい。
  • 【自宅で亡くなられた場合】
  • (1) かかりつけの医師がいれば、来て頂き
         死亡が確認されれば、死亡診断書をもらいます。
  • (2) 医師の診断を受けてない場合は警察に連絡し、
         その後、警察の指示に従ってください。
  • もしもの時に、慌てないで済むよう事前に
    相談・下見・見積は、大変貴重なポイントと考えております。
  • 当緑葬儀社(緑セレモニーホール)の場合も、週に1組位の方がお見えになり相談し、
    安心して帰えられます。
  • 心配事・判らない事・費用の事 御遠慮なく御相談、若しくはメールにて問合せ下さい。